SyncMemoリジェクト

このエントリをはてなブックマークに追加

SyncMemoが2度目のリジェクトを受けました。理由は前回と同様に「同期ができない」ということでした。

SyncMemoはFTPを使用して同期をするのですが、前回、レビューワから送られてきた設定画面のスクリーンショットにはホスト名だけが記述してあり、ソフトの性格上、anonumousでのやりとりは想定していないため、その状態ではFTPサーバとのファイルのやりとりをすることは難く、同期ができないのは当然のことです。それを返答しようかと思ったのですが、レビューワの指摘はそれを承知で、メッセージを強化するように言っているのだと無理やり理解し、設定が不完全な場合のエラーダイアログを追加して、再アップロードしました。

そして今回ですが、リジェクトを告げるメールの内容は前回と寸分違わないもので(笑)、スクリーンショットは失敗時のものだけに変わっていて、設定画面はありませんでした。現在のアプリは必要な設定がされていないと同期動作はできないようになっているので、設定はされているものの、何かの設定が誤っているものと思われます。メールにはリリースノートに書いてある主要な機能が実現出来ていないと書いてあるだけなので、何か思慮深いメッセージがあるわけではなく、恐らくレビューワがネットワークの基礎的な知識が不足しているため、レビューの環境、設定が出来ていないと推測しています。

しかしメールの内容では、余りに情報が少なく、環境や設定の具体的な間違いを指摘できません。また未知の不具合のため、通信が出来ていないと可能性も否定は出来ないので、今回の対処としては同期失敗時の理由を細分化して、iPhone上に表示する同期ログに理由を表示するようにしたアプリを作成、再アップロードしました。更にネットワークに詳しくない人が環境作成でつまづきそうなポイント(名前解決、FTP daemonの確認等)を記述して、返信(前回は単純に返信しましたが、今回は「Developer Technical Support」へも送信)し、サポートページへ同様のものを追記しました。

しかしこんなに手間取るとは思っていませんでした。根気必要な作業です。何とか今回の対処で動作させてくれるとよいのですが。返信にまた一週間かかってしまうのではないかという点も心配です。

Leave a comment