SyncMemo v1.1 バージョンアップ

このエントリをはてなブックマークに追加

SyncMemoがv1.1になりました。

バージョンアップの内容は以下の通りです。
– アップロード/ダウンロードの際のエンコードを指定可能に
– FTPサーバとの接続の互換性向上

FTPサーバのエンコードが指定できるようになったので、日本語版Windowsとの同期が可能になりました。設定の「サーバのエンコード方法」で 「ShiftJISString」を選択して下さい。
具体的には以下の環境で同期可能なのを確認しています。
– Windows XP Home Edition
– War FTP Daemon 1.70

War FTP Daemon に関しては、ググってみると解説サイトがいっぱい見つかるので、参考になると思います。

今回のバージョンアップは様々なFTPサーバとの互換性が向上しています。iTunesストアでネガティブな評価を挙げている方が使っている Ubuntu 9.04 のProFTPD でも動作を確認しています(PASVコマンドの挙動が他のFTPDソフトと違っていました)。すべてのFTPDソフトを確認できる訳ではありませんが、かなり動くソフトが増えたのではないかと思います。

iPhoneのOSが3.0 になって標準でメモの同期が可能となり、サードパーティのメモアプリは必要なくなるかと思いましたが、MailやOutlookといった、母艦のメールソフトが持つメモ機能と同期するので、使っているメールソフトの種類で、評価が変わりそうですね。
自分はgmailがメインとなっているので、あんまりメリットもなくて、このソフトが手放せません。

ちなみに、今はカテゴリを管理できるタグ機能と、メモを編集中の場合、すぐに編集画面に復帰するレジューム機能を開発中です。近々バージョンアップ出来ると思いますので、ご期待ください。

Leave a comment