iPad予約、そして新アプリ開発の予告

このエントリをはてなブックマークに追加

今朝、iPadを予約しました。Wi-Fi 16GBです。発売延期になったときは、相当ガックリきましたが、もう少しで手に入りますね。

色々使い方を考えていると、こんな記事を見かけました。
素直な疑問:iPadって一体「何」だと理解すれば良いんだろ?

我家ではリビングルームに置いておき、持ち出し等はほとんどしない使い方を考えています。自分にとってiPadはリビングルームPCであると思っています。iPadはその大きさから何処でも使えるように思ってしまいがちですが、机の前にいるときにはMac、出先ではiPhoneを使うのが、自然であり、iPadはソファで座って家族間のネタ提供マシンになるのが一番あっているのではないかと思っています。ちなみに読書専用マシンとしてのアマゾンKindleも欲しいのです。デバイスが増える一方ですね。

また、もう少しで詳細をお知らせできると思いますが、現在、iPad向けのアプリを開発しています。最小限の機能のバージョン1.0を作成中ですが、現在のところラフに機能実装したものが完成しており、それを製品レベルに高めていっている状況で、進捗としては80%というところです。SyncMemoの時と同じように、自分が本当に欲しいと思うものを作っていますので今はとても楽しいです。

尚、開発中のものはメモアプリではありません(SyncMemo for iPad も今後、是非作りたいのですが…)。自分でもこのアプリを作るとは(作れるとは)ぜんぜん思わなかった、誰もが必要としているタイプのアプリです。iPadが発表になってから、「どんなアプリが欲しいんだろう」と色々な案を考えた結果、このアプリに集約されることに気づき、3ヶ月間、開発を続けてきました。

そんなわけで、自分としても完成が待ち遠しいのですが、今度のアプリがSyncMemo以上に、多くのユーザに受け入れられることを願って、もう少し開発をがんばりたいと思っています。

Leave a comment