JogManager v1.0 リリース – 夏休みの課題 –

このエントリをはてなブックマークに追加


先々週、夏休みを取ったのですが、特に今年は直前に温泉旅行をしたりしていて、あまり遠くに行きたいとも思いませんでした。かといってダラダラと過ごすのは嫌で、少しは今年の夏を過ごした証が欲しいなと思っていました。
一昨年などは庭の改修工事によりウッドデッキが出来たので、そこで使用するテーブルを自作したりということもしたのですが、今の自分として一番得意なのはiPhoneアプリを作ることだろうと思ったので、夏休みだけで一個アプリを作ろうと思い立ちました。

「そんなことしてないで既存アプリへの要望をなんとかしろよ」という人もいるかと思いますが、はい。今一生懸命やっています。ユーザの皆さんが頼りです。

というわけで、作成したのは思いっきり趣味に走ったジョギング記録の計測、管理、ツィートができるアプリです。

以下のような機能を持っています。
ランニングの記録
– タイム測定機能
– GPSによる距離測定機能
– ラップ時のラップタイム表示機能(5秒間)

記録の管理
– 最近の記録の閲覧機能
– 月別の記録閲覧機能
– 測定距離のマニュアル修正機能(GPSでの測定距離は通常5?10%の誤差を含んでいます)

Twitter
– Twitterへの投稿機能
– コメント入力機能
– 特定の宛先(例:@jognote)への投稿支援機能により、JogNote、JogMemo等のサービスとの連携が用意に可能
– メタタグ(例:#jog)の指定支援機能

同じようなアプリは結構あるのですが、幾つか使ってみたところ、あまり満足できるものはありませんでした。走った経路が地図で見れるという機能が売りのものが多いですが、毎日走るのにそんなの必要ありません。
またGPSによる距離の計測に関してもかなり誤差がでるため、いちいち修正するのも面倒なので、機能を使うのは旅先くらいでしか使わなくていいです(ないと寂しいけど)。重要なのはタイムがしっかりと計れて、その結果を他のサービスと連携できること。そう既にランナーはJogNoteJogMemo等のサービス、SNSを使ってランニング生活を楽しんでいるのです。

アプリを作るのにあたり、お手本としたものがあります。それは既存のアプリでもなく、専用のガジェットでもなく、単なる時計である、
TIMEXアイアンマン
でした。特に練習の成果を試す場であるレースでは身体との対話に集中したいので面倒な操作はしたくありません。JogManagerはまだ荒削りですが、上記の機能がしっかりできることを考えて作られています。

ぜひランナーが作ったランニングアプリを使ってみてください。

購入はこちら!

Leave a comment