Ubuntu のミニノートを日常生活で使用する – 基本設定

このエントリをはてなブックマークに追加

Inspiron Mini 12 を使っていくのに際して、面倒なので、できるだけデフォルト設定で済ませたいのですが、日常の作業をする上で、絶対に譲れない部分に関して最低限の設定をしたいと思います。

ネットワーク設定

何を置いてもネットワークの設定です。

自宅の無線LANはWEPで構築していますが、メニューからシステム>システム管理>ネットワークで無線LAN接続を選択し、ネットワーク名(ESSID)、WEPキーを入力することで、簡単にネットワークに参加することができました。

デスクトップ設定

次に、DELL版Ubuntu特有の設定で、どうしても馴染めないところは、すぐに変更しました。

工場出荷時の状態ではIT Media の mini 9 の記事にあるように、画面の小さなNetbookで必要と思われる変更がUbuntuに施されています。

一つ目はランチャを基本とする「DELLデスクトップ」です。大きなアイコンでアプリを起動できますが、Inspiron Mini 12 は大きめの画面を持っていますので、普通のPCとして使用したいところです。

メニューから「デスクトップ モードの切り替え」で「クラシックデスクトップ」を選択することで、ランチャソフトは表示されなくなります。

ウィンドウ設定

2つめは、ウィンドウの挙動です。

ここまでの作業の中で、色々なソフトを試していると、どんなアプリでもなぜか最大化してしまうことが気になっていました。

ネットにつながった段階で、ググってみたところ、どうやら「Maximus」という常駐ソフトが強制的に最大化しているようです。

これはシステム>設定>セッションにて、「自動起動するプログラム」タブの Maximus Window Management のチェックを外すことにより、無効化できました。

ついでにシステム>設定>ウィンドウの設定にて、「マウスが移動した先のウィンドウを選択する」にチェックし、Sloppy focus + click raise という昔から好んで使っている選択方法にしておきました。Windowsや、Mac OSX ではできないので、うれしいです。

壁紙の設定

そして、壁紙も好みのものに変更したい所です。下記のサイトが、種類も多く、サイズの選択も多彩で、気に入って使っています。

InterfaceLIFT

特に風景写真に素敵なものが多いです。

随分と自分好みになってきました。ちなみにここまでの作業の中で、Windowsと比較して難しい部分はなかったように思います。やっぱりUbuntu結構やります!

Leave a comment