Ubuntu のミニノートを日常生活で使用する – アプリ

このエントリをはてなブックマークに追加

この辺りからちょっとだけ難しくなってくるように感じます。

Firefoxの設定

まずは簡単なところから。Firefoxを使用する際には必ず以下のアドオンを導入しています。
・Tab Mix Plus
・Fire Gesture

ツール > アドオンで検索してインストールします。

また、定番のパフォーマンス向上策として、IPV6を無効にします。

アドレスの所で
about:config
と入力してフィルタに
ipv6
と入力すると
network.dns.disabeleIPv6
が表示されます。

これをダブルクリックして値をtrueにするとIPv6が無効となります。

パッケージの導入

リポジトリにあるソフトを眺めて、好きなソフトをインストールします。
自分の場合、Thunderbirdや、各種動画プレーヤー等をインストールしました。

アプリがたくさんあってリポジトリのリストを眺めているだけでも楽しいです。

外部アプリの導入

UbuntuはDebian系のディストリビューションなので、非常に優れたパッケージ管理システムを持っていて、一般的にはGUIの「Synapticパッケージマネージャ」を使用して、アプリのインストール等をすると思うのですが、自分の場合、使い慣れている apt-getコマンドを使用しています。まずは以下の常用アプリをインストールしたいと思います。

・Skype
・Dropbox

それぞれのサイトにUbuntu用のdebパッケージがありましたので、ダウンロードします。

ここで、問題が発生しました。DELL版のUbuntuはアーキテクチャがlpia でパッケージが作られているため、apt-getコマンドを使用してもエラーが出てインストールできません。

ググってみたところ、Code readersさんにて解決策がありました。シェルスクリプトもあるので早速持ってきたのですがエラーとなってしまいます。スクリプトを見たところfakerootが必要なようですが、この時点ではインストールされていませんでしたので、apt-getでインストール。無事、使用可能となりました。

これくらい設定するとようやく日々の使用に耐えられる感じとなってきます。でもまだまだ自分好みにしていくことが出来るはずと思っていて、時々暇を見つけてはチューニングしていこうと思っています。

Leave a comment