Ubuntu のミニノートを日常生活で使用する – 日本語環境

このエントリをはてなブックマークに追加

日々使用していくわけですから、絶対欠かせない快適な日本語環境を整えていきたいと思います。

日本語ディレクトリ

その前にデフォルトに近い状態のDELL版Ubuntuを使っていく中で、どうしても許せないことがありました。

それはユーザディレクトリにある「デスクトップ」、「ドキュメント」、「画像」、「ビデオ」といった日本語のディレクトリです。
GUIを使っているときにはあまり問題とはならないのですが、Terminalを使った作業では、そのフォルダをわざわざ日本語変換して指定しなければなりません。これは面倒。

これもググってみたところ、ubulogさんに解決策がありました。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
というコマンドで英語のディレクトリに修正できました。元のディレクトリにファイルが入っていると面倒なので他のフォルダに移動してから行うのがお勧めです。

IME起動/終了

自分の場合、Windows、OSX、Linuxを使うので、どれも同じ感触の日本語環境を使いたいという希望があります。
その中で、以下の方法を使うことで全ての環境が同じ感触で使えることがわかりました。

元々ITmediaの記事で知ったのですが、その方法とは「変換」キーをIMEオン、「無変換」キーをIMEオフにするというものです。

Ubuntuの場合、
システム>設定>SCIM入力メソッドの設定
ホットキー
開始:Henkan
終了:muhenkan

とすることで設定できます。

この方法は日本語キーボードでないと使用できませんが(そのため英字キーボードは選ばなかった)、採用してからかなり幸せ感が大きいので超お勧めの技です。

辞書登録

よく使う単語や、常套句を辞書登録しようと思いましたが、辞書登録を押しても何もおきません。

SCIM入力メソッドの設定でAnthyを選択、辞書タブをみるとkasumiが辞書管理ツールのようですが、Terminalからkasumiと入力しても反応がないのでインストールされていないようです。

早速インストールです。

sudo apt-get install kasumi

無事辞書登録が出来るようになりました。DELL版Ubuntu、ここはもう少しがんばって欲しかった。

Leave a comment