ChocoChipブラウザ v2.1 開発完了

このエントリをはてなブックマークに追加


本日、ChocoChip のv2.1のサブミットが完了しました。ここのところのアップルの審査期間から考えると数日でリリースされるものと思われます。
今回はダウンロード機能を充実させ、動画のダウンロードも可能としました。上の画像にあるダウンロードマネージャ画面も用意しています。そして、人気のGoodReaderもダウンロード先に指定できるようにしています。GoodReaderをビューワとすることで、PDFをはじめとして、ダウンロード〜閲覧可能なコンテンツは大幅に増えますので、益々 iOSデバイスが有効に使えるようになると思います。

ChocoChipブラウザのメジャーバージョンアップ

このエントリをはてなブックマークに追加


昨日、ChocoChipブラウザの新バージョンのサブミットを完了しました。ChocoChipブラウザはiPadでのマルチユーザで使用可能なブラウザ機能はそのままに、ユニバーサルアプリとしてiPhone/iPod touchアプリとしても使用できるようになります。今回のバージョンは「v2.0」となり、メジャーバージョンアップの扱いとなります。

尚、基本的に既存の機能は全て受け継ぎますが、iPhone/iPod touchをiPadのように共有して使用する可能性はかなり低いと思われますので、iPhone仕様ではシンプルにシングルユーザでの動作となります。

既存のユーザの皆さんはリリース後すぐに、iPhoneでもChocoChipブラウザが利用できます。xmarks(存続が決まってほっとしました)からのブックマークインポートですぐにいつもの環境で使用可能ですので活用ください。

「マルチユーザ型ブラウザ」として成長してきたChocoChipブラウザのiPhoneアプリ化に関しては、自分自身も当初は考えていなかったものでした。iPadは間違いなく世界で一番成功しているタブレット型コンピュータですが、iPhoneは(単体プラットフォームでは)恐らく世界で一番多くのユーザを持つモバイルフォンであり、ユーザ数も一つ桁が違います。ブラウザアプリも多数リリースされており、その中には、かつての有名アプリも含まれています。個人の(しかもパートタイムの)開発者が真正面から競うのは厳しいのですが、iPadアプリで手ごたえを感じたというのもあり、結構戦える気もしているのです。今後にご期待ください。

しかし現在、開発の時間が足りていません。早朝と土日しか時間が取れないため、開発スピードは自ずと限られてきます。それでも競合アプリと変わらない開発をしている自負はあるのですが、抜きんでるためには、せめて1人の開発者がフルタイムで開発に専念できる環境が欲しいと切に願います。
App Storeではたくさんの専用アプリが提供されていて、その使い勝手の良さからアプリの時代という声が多く聞かれるようになりました。かつてPCではGoogle提供のものをはじめとしたWEBサービスにより、多くの専用アプリがブラウザでのWEBアプリでの作業に置き換わりました。WEBアプリがモバイル機器の小さめのスクリーンと通信能力に最適化されたものになる時代がくれば、モバイルの世界でも同じようなことが起きると考えています。その時にブラウザアプリを持っているというのは素敵なことだと思いませんか?もしサポート、パートナーとなってくれる投資家、企業の方がいれば連絡をお待ちしています。
※連絡はTwitterでお願いします。

MacBook Air 11インチ購入

このエントリをはてなブックマークに追加

Inspiron Mini 12 が逝って以来、ノートPCは骨董品のSOTECでごまかしてきましたが、出先で込み入った作業が出来なくて不便なのと、自分のニーズとしては決定版ともいえる製品が出てしまったので、値段が少々落ち着くのを待って購入しました。

まだ持ち運んで使っていないので何ともいえませんが、スリープからの復帰の早さは感動的に便利。iPadと変わらない早さで使い始められる。来週から持ち運んで使うつもりです。


現在の作業環境。快適すぎて24時間ここで暮らしたい。

シイラ復活の記事を見て

このエントリをはてなブックマークに追加

シイラプロジェクト – シイラプロジェクトの再開

http://shiira.jp/blog/?p=32

シイラのことは4年位前、Macを買いたてのころに、Safariではないブラウザを探してたときに存在を知りました。その時はFirefoxを入れて満足しちゃったので、導入することはありませんでしたが、それでもMac専用のブラウザということで興味はありました。そのうち入れてみようかなと思っていましたが、結局入れることはありませんでした。

そういうわけで特に思い入れがあるわけではないですが、開発者の木下さん著作である「Happy Macintosh Developing Time」は自分がiPhoneアプリを作ってみようと思ったときに図書館から借りて勉強した本で、シイラの開発者であることを今回知り、少し興味がわいたので、色々感じたこと、そして日頃、Cocoa でブラウザを書いている中で思っていることを書いてみようと思います。

まずシイラが開発再開したことは、日本のWebブラウザ界隈が賑やかになりそうで、とても好ましく感じています。その上で、Mac App Store での販売について言うとFirefox、Chromeがこれだけ隆盛の中、非常に厳しいと思っています。

iPhone/iPadではApp StoreでWebブラウザアプリが販売されていて、iCab、Atomic Browserといった人気アプリがあり、そこそこ(少なくてもエンジニア1人くらい食っていけるくらいの)市場があると思っています(その中に未熟ながらChocoChipブラウザも入り込んでいこうとしているわけですが)。現在のiPhone/iPadの状況はMacと比較すると次のような違いがあります。
・ユーザがiPhone/iPadのSafariに不満を感じている。
・FirefoxやChromeは存在しない。Operaはあるけどちょっと違うものだ。

上記から、PCでの豊かなブラウザ体験を持つユーザが少しでも機能豊富なブラウザを求めるという図式があります。反面、プライベートAPIが使用できないので、Safariが苦もなくやっている動作が実は一般ユーザが作るアプリにはとてつもなく難しいことだったりします。木下さんも「Appleの言う通りにやっていたら、まともなブラウザ作れない」と書いていますが、本当にそのとおりで、現在のChocoChipブラウザの機能もかなり裏技的なことで成り立っている部分もあり、そこがアプリが差別化する部分だったりするのですが、正直Appleを恨みたくなることも多いです。
つまりMac App Storeでの販売を前提に考えると、同様にプライベートAPIが禁じられた場合、それらの制限を受けていないSafari、Firefox、Chrome と対等なものを作るのは不可能といってよいと思います。

シイラプロジェクトでは既にMac App Storeで公開する方針を決めたようですが、Mac App Storeに依存しない方法はどうかというと、自分はこちらのほうが可能性があるような気がしています。なにしろWebブラウザは各種デバイスのアプリの中で存在感は抜群です。誰もがかなりの時間をWebブラウジングに使用しているので色々な可能性はあると思います。勝手に色々考えてみたりしました。

広告モデル

もしユーザが見ているコンテンツに自然に広告をまぎれこませることができれば、Webサービス以上に広告モデルを有効に活用できるかもしれません。

スポンサーモデル

プロモーション等のツールとして、企業にOEM提供する方法、Lunascapeがこの方法のビジネスモデルを採用しているのではないかと思います。(現在、Lunascapeはシェア増加中のMacでは動作しませんね)

RockMelt

最近話題のSNSブラウザ。ビジネスモデルは不明w でも注目度は抜群です。大きな資金をベースに開発していると思われます。つまり何か新しいコンセプトがあれば、ビッグな資金提供者が現れるかもしれないという勇気は与えてくれます。

いずれにしても現在の見慣れた主要ブラウザだけの争いではなく、RockMeltのような挑戦者が現れてきて何かが変わりそうでワクワクしている時なので、できたらシイラも日本からのチャレンジャーとして名乗りを上げてほしいなと思います(あとLunascapeも頑張ってほしい)。まあ無責任に日本の開発者も世界で戦えるというところが見たいだけなんですけどね。

一方ChocoChipブラウザですが、まずは自分の舞台で世界に挑んでいきたいと思っており、目下のライバルである iCab、Atomic への追撃として、思い切ったフィーチャを開発中で、今は変わった方法ではなく正面から挑んでいくことを考えています。自分はまだ「会社行く前の早朝と帰ってきてからの深夜で開発」の身ですが、同じように世界に挑んでいく気持ちでやろうと思っています。

ラブひなを読んでWebブラウザ側から思ったこと

このエントリをはてなブックマークに追加

昨日の日曜日、北海道は気温も低くて、あんまり外に出る気もしなかったので、話題のJコミの「ラブひな」を読むことにしました。

Jコミ
http://www.j-comi.jp/

14巻を一日かけて読了したのですが、普通に面白い漫画ですね。普段あんまり漫画を読まないのですが、一気に読んでしまいました。今回はMacでダウンロードして、iPadでCloud Readerを使って読んだのですが、iPadのサイズとバッテリーが電子書籍、特に日本では大きな需要がある漫画を読むのに最適であることを改めて実感しました。そしてサービスを利用する立場としては、こういった試みが成功して大きく育っていってくれる事を期待したいですね。他の作家さんがJコミに参加したくなるように、コンテンツを利用する側も応援する気持ちで利用できたらいいなと思っています。

広告としては本編に挟み込まれた6枠の広告(「イマージュ」とか「お兄系・ストリート系通販サイト」等の広告が目に付きましたが、この作品を読む層にとってはあんまりアピールできないのでは?と思いながら見ていたのは自分だけ?)と巻末のAmazonのアフェリエイトリンクがあるようです。赤松さんのTwitterによると、巻末にあるアフェリエイトが作者への応援につながりやすいようです。

赤松健
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/8594213457362944

Jコミのビジネスモデルを考えると、広告がきちんと機能することが必要と思いますが、自分が使用した環境(iPadのCloud Reader)では広告をタップしてもリンク先に飛ぶことはありませんでした。下記を見るとアプリによって状況が色々あるようです。

もとまか日記
http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20101127/1290801468

Book Readerのアプリ内のWEB表示か、Safariに飛んで見ることになるようです。よくTwitterアプリでもリンク先のサイトをアプリ内で見ることが出来ますが、じっくり見るときや、オンラインショッピングをする時はブラウザでみたいと思うのですが、iPadだとリンク先に行くと行ったきりなので、もう少しちゃんと連携できるといいですね。

具体的には、こんな感じ。
・WebブラウザでJコミを参照?ダウンロードページへ
・コンテンツをダウンロード
・ダウンロードしたコンテンツをBookリーダーで参照
・広告を参照するときはWebブラウザが起動、買い物などする
・買い物が終わったら、元のページに戻る
・読み終わったら、Webブラウザで開いていたJコミのダウンロードページに戻る

これって技術的に難しいのかな。完璧にやるにはWebブラウザ、ダウンローダ、Bookリーダーが全部いりのアプリが必要になるような気がします。少なくともWebブラウザとBookリーダーが相互に連携する仕組みがいりそうだけど、ちょっと考えてみたいです。

ChocoChipブラウザ v1.6 リリース

このエントリをはてなブックマークに追加

v1.6がリリースされました。今回は次のような修正を行っています。

– iOS 4.2 でクラッシュする不具合の修正
– マルチタッチ機能
1フィンガー左スワイプ:戻る
1フィンガー右スワイプ:進む
2フィンガー左スワイプ:左タブ移動
2フィンガー右スワイプ:右タブ移動
– タブ起動時に同時にアクティブ可能
– ブックマーク表示の前回状態の再現
– ブックマークツールバーフォルダーの階層化
– ブックマークツールバーフォルダーのpopoverサイズ適正化
– ブックマークの順序変更
– 画像保存機能
– タブ切替で画面サイズがおかしくなる不具合の修正

今回の目玉はやはり画像保存機能でしょうか。やっぱりブラウザ作ってる以上、それがないとイカンと思っていたのですが、ようやく実装できました。特に画像保存をしたいというユーザはPixivからの画像保存が必須だと思いましたので、当初、技術的な障害があって出来なかったのですが、こだわって出来るようにしています。尚、Pixivからの画像保存に関しては以前も登場のヒギ様に技術協力いただきました。大変感謝です。

一つ注意事項なのですが、 iOS3.2の場合、一番大きな画像まではたどり着けないという問題が残されています(Appleのフレームワーク側の問題と思っています)。その場合、フォーラムのやりとりにあるように、ブックマークレットを使うことで回避が可能です。ですが、やはりリリースされ次第、iOS 4.2 (出そうで出ないですが)に更新することをお勧めします(iPadを iOS3.2 のままにしておく人がそんなにいるとは思えませんが)。
※追記: iOS3.2でもちゃんと動いているという情報あり。シミュレータ(自分の実機はもう4.2なので確認不可)ではちゃんと動かないと思ったのですが、まあ良い方向なのでw深く追求しないことにします。

今回で開発開始当初に思い描いていた機能は実装が完了した感があります。しかし、まだまだ追加したい機能が沢山あり、うれしい?ことに開発の勢いが止まることはなさそうです(実はSyncMemoにもやりたいこといっぱいです)。今の自分の立場では、これくらいの開発スピードしか出せないので、もどかしいのですが、今後も機能アップをお楽しみに。

購入はこちら!

ブックマークレット集

このエントリをはてなブックマークに追加

先日のバージョンから対応しているブックマークレットに関して、ChocoChipユーザのヒギ様が作成されたまとめ記事をご紹介します。

iPadやiPhoneで便利なブックマークレット集

ChocoChipでこのページのブックマークレットを利用するのには次の様な手順になるかと。
1. ChocoChipでiPadやiPhoneで便利なブックマークレット集を表示
2. 登録したいブックマークレットの「Javaスクリプトを表示」ボタンを押下
3. 表示されたダイアログのテキスト部分にタッチして全選択〜コピー(OKでダイアログを閉じる)
4. ブックマーク追加ボタン押下
5. タイトルを編集(自分で機能内容のタイトルの打ち込みが必要)
6. アドレスを編集、先ほどのダイアログからコピーしたJavaスクリプトを貼付け
7. 登録先のフォルダを選択
8. 完了ボタン押下

上記手順で登録は可能ですが、ちょっと手数が必要ですね。ヒギ様にも指摘いただいていますが、ブックマークレットがあまり知られていない事から、まだ敷居が高いと思われる方もいるかもしれません。ChocoChip側でもう少し手軽に登録が可能なしくみが作れないか模索したいと思います。

ChocoChipブラウザ v1.5 リリース

このエントリをはてなブックマークに追加

v1.5がリリースされました。今回は次のような修正を行っています。

– Googleサジェスト機能
– ブックマークレット対応
– ブックマークツールバーのフォルダ対応
– ブックマークの編集機能
– ブックマークのpopoverサイズ適正化
– アイコン変更

1つ目のお勧めは「Googleサジェスト機能」。Safariでは対応している機能なので、ぜひ対応したいと思っていました。自分でもその魅力を忘れていましたが、実装してみるとこんな便利な機能がないとは信じられない感じですね。

2つ目のお勧めは「ブックマークレット対応」。ブックマークの編集機能、ブックマークツールバーのフォルダ対応と併せて使うことで、ブラウザ機能の拡張ができます。ページ内検索や、AutoPagenize等が便利ですね。
詳細は「iPadのSafariに不足しているものを補う – ザリガニが見ていた…。」を参考に。

ぜひ使ってみて下さい。

ChocoChipブラウザ v1.4 リリース

このエントリをはてなブックマークに追加

v1.4がリリースされました。今回は要望の多かった機能の追加を中心にして次のような修正を行っています。

– フォームの自動入力
– 前回終了時のタブ復元
– タブモードの終了タイミングのユーザ設定化
– シングルユーザモードのユーザ設定化
– メモリ不足ポップアップ表示のユーザ設定化
– タブ最大数制限のユーザ設定化
– 横回転後に水平設定後に起動で右半分が表示されない不具合修正。

また、Appストアのレビューで「ホームページをGoogle以外にできる様に」と書いてありましたが、ブックマークの追加で登録フォルダを「Homepage」にすると以前から可能でしたので試してみて下さい。

非常に要望の多かったタブの復元と、個人的に必須機能と思っていたフォームの自動入力が実装されましたので、先行する多機能ブラウザの背中にぴったりとついたかなと思っています。ぜひ使ってみて下さい。

SyncMemo v2.1 メジャーバージョンアップ

このエントリをはてなブックマークに追加

SyncMemo v2.1 がリリースされました。昨年の12月以来のメジャーバージョンアップとなります。

今回の対応項目は以下の通りです。
– タグ変更時に属性、更新日付を変更
– 検索画面にソート機能追加
– ルート画面の新規追加をNavigationBarに移動
– 編集文字数/カーソル位置の表示
– サーバ側メモにもタグ情報を付加
– 外部キーボード対応
– テンプレート未設定時に編集エリアを拡大
– FTPのOPTION COMMANDのサポート(FileZilla対応)

色々と難しいWindowsのFTPサーバとして、SyncMemo完全対応可能なFileZillaへの対応及び、現時点でフォーラムに書き込まれたユーザからの要望に関しては全て対応しています。

FileZillaのインストールや設定についてはマニュアルに記述しました。FileZillaを使用する場合は必ず参照お願いします。

ユーザの皆さんへのお願い
SyncMemoはアプリの発表から1年半が経過しましたが、売り上げとしては今一歩の状態が続くようになってしまいました。アプリの継続した開発のためには、もう少し売り上げが欲しいところなのです。
売り上げ向上にはiTunesストアでのレビューの高評価が一番なのですが(星が少ないレビューが書き込まれると一気に売り上げダウンします)、最近はレビューもあまりなくて寂しい感じです。
もしSyncMemoを気に入ってくださっていて、今後も機能アップを望まれているという場合は、レビューを書いていただけると、作者としても開発に弾みがつきますので、ぜひともお願いします。