WindowsでSyncMemoの同期 – War FTPD インストール

         
このエントリをはてなブックマークに追加

WarFTPD はサポートサイトからインストーラをダウンロードします。
このマニュアル作成時には「warftpd-1.82-00-RC11-i386.exe」を使用しました。

尚、インストーラの動作は一般的なWindowsアプリと変わらず、作業は特別難しいものではありませんので、慣れた方は設定編に飛んでしまってもかまないと思います。

インストーラを起動します。

warftpd_install_01
「INSTALL」を選択します。

warftpd_install_02
「Next」を選択します。

warftpd_install_03
インストール先の入力です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_04
インストール内容の選択です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_05
登録先メニューの選択です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_06
「Next」を選択します。

warftpd_install_07
インストール種別の選択です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_08
FTPサーバの名称の入力です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_09
システムサービスとして登録するかどうかを決定します。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_10
サービスのタグ名称の入力です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_11
FTPサーバが管理、公開するフォルダの入力です。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_12
セキュリティに関する設定です。デフォルトでは最もセキュアな設定にしているようです。特に変える必要がなければ、そのまま「Next」を選択します。

warftpd_install_13
ユーザ「Sysadmin」のパスワードの設定です。設定するパスワードを2カ所に入力し、「Next」を選択します。

warftpd_install_14
Emailアドレスの入力です。内部で使用する場合は必要ないと思われますので、何も入力せず「Next」を選択します。

warftpd_install_15
ポート番号の設定です。デフォルトの21番を使用しますので、変更せず「Next」を選択します。

warftpd_install_16
インストールのための入力は完了です。「Next」を選択してインストールを実施します。

warftpd_install_17
インストールが行われます。すべてのアイテムがチェックされた後、「Next」を選択します。

warftpd_install_18
インストール完了です。「Finish」を選択します。

warftpd_install_19
インストールされたWar FTPD のコンソールへのログイン画面です。インストール時に入力した「Sysadmin」のパスワードを入力し、「OK」を選択して下さい。

warftpd_install_20
コンソールです。ここでWar FTPDの各種設定を行うことが出来ます。

設定編

Leave a comment